癒せる家の作り方

家はマンションでも一戸建てでも仕事で疲れた体を癒してくれる場所でありたいですよね・・・心地よい空間とはモノやインテリアを置くと落ち着く人もいますが、「何となく居心地はいい」と思える場所が必要です。

住まいは長年付き合って行く家族の思い出となる場所です。なので少しでも住みよい空間作りができるといいですよね~。

でも新築を今から考えている人や既に家を立てた人も落ち着く空間を作るにはどんな工夫をするといいのでしょうか?

建物の外観は人間が落ち着く色として「大地や木の色」して使われている「アースカラー」です。

この色が自然に限りなく近い色を壁纸に使ってみるとリラックスできると言われています。

この「アースカラー」とはベージュや白・グレー・緑などで一般的に使われている色なのであちこちの家の外壁に見られます。

色の変化で心の作用に大きく影響すると言われています。

家の中を見渡していろんな色がゴチャゴチャしていたら違和感を感じてしまいます。穏やから色で壁の色を決めてしまうと落ち着いた気持ちになってくるのではないでしょうか?

日々の生活をもっと快適に過ごしために「色のパワー」を取り入れることでストレスや不安を軽減してくれたり緊張した気持ちを穏やかに落ち着かせてくれます。

また、ソファやカーテンなどの素材の選び方も大事です。触った時の感触が心地良いものや見た目も柔らかいものがオススメです。

柔らかい雰囲気の素材は疲れた体を癒してくれる感じがします。もちろん、空間の香りも埃にも気をつけたいものですね。玄関ドアを開けた途端に生ゴミの臭やペットのトイレの臭がしていると疲れもとれません。臭や埃を取るために部屋には空気清浄器で快適に過ごしたいです。

また、最近ではアロマを使って気分を癒す人も増えています。あなたは、どんな癒しを家に求めますか?