格安!!リノベーションとリフォームのポイント

最近注目されているのがリノベーションです。中には中古物件をわざわざ探して自分の気に入る間取りに変更する人が増えてきました。

新築の物件を購入するよりもお得な価格で購入することができることもあって若い人を中心に需要が高まっています。

この「リノベーション」とは、購入した建物に改修工事を実施して、住宅の機能や性能を最初の状態よりも良くしたり、今まで以上に価値を向上させたりすることを指します。例えば英語表記の「renovation」は「革新や修復」を意味する言葉です。その一方、


リフォームは復元させるという意味合いが強く、評価や機能が下がってしまった状態のものを元の状態に戻す復元や回復という意味となります。

新築は割高

また、新築の家やマンションを購入するときは多くの人は長期のローンを組んで払っていくわけですが新築の場合、購入した次の日に売却しても3割は安くなってしまう新築プレミアムという価格が含まれており割高です。

また例え、最初は新築でも長年住んでいくうちに何らかの不具合がでてきます。

予想外に増えてくる修繕費

例えば、お風呂や洗面所・キッチンなどの水回り、瓦の塗り替えなどは10年に1度は交換や修理が必要になってきます。最近人気の太陽光発電などの保証期間も10年位なので、その頃に色々と大きなお金が必要になります。

さらに、家を購入した頃は若かった夫婦も20年、30年と年を取ると共に家の増改築や足腰が弱くなるとバリアフリーなど・・・しかし、同じ様に家も年をとってきます。そのため家族が増えたり減ったりすると間取りの変更もでてきます。

しかし、多くの人は長期間のローンの払いが終わらない内にリフォームや修理を考えても大きなお金は簡単に捻出することはできないのではないでしょうか?

また思い切って追加ローンを組むことが出来たとしても歳をとってからローンの重さが堪えてくるでしょう。

少しでも安くリノベーションやリフォームをするには?

そのため、少しでも安く済ませるためには、リフォームやリノベーションを検討する時は必ず見積りを数社のリフォーム業者からもらった方がいいです。

リフォーム業者の中には1社でリフォームやリノベーションの全てを扱っている会社やお風呂やキッチンなど水回りを専門に扱っている会社、壁纸やカーテン・フォローリングなどを主に扱っている会社などがあります。

ある程度予算を提示して、自分達の希望の金額に近い業者が見つかったら、綿密に打ち合わせをする必要があります。施工前に担当者としっかり打ち合わせをしておかないと施工中に見積よりも、後になって「高い金額を請求をされたり」完成したあとで「イメージを違ったとガッカリする」施工主が出てきます。

リフォームやリノベーションと言っても大変さは新築で購入する物件と変わりません。

大きなお金を出すわけですから信頼できる業者探しをおススメします。