お洒落なリフォームが体を壊していませんか?

近頃、若者を中心に古いマンションや古民家などを購入してリノベーションして住む人が増えてきました。

ひと昔前までは不動産業界は新築でないとマンションも家も売れない「新築神話」がありました。

ここ数年新築ではなかなか売れない時代になってきました。

特に都市部では溢れてしまった中古のマンションに人気が集まっています。

首都圏のマンションや一戸建ての新築物件には手が届かない人でも中古物件だとお手頃な価格で購入することができるので人気が集中しています。

購入した後は自分のライフスタイルや好みのデザインにリノベーションして快適な生活を送る人が増えています。

そんな思いでリノベーションしたはずなのに後悔する人も少なくありません。

特にマンションなどの集合住宅でのリノベーションによるトラブルが最近多くなっています。

マンションのような集合住宅には管理規約があります。

例えばリノベーションしたい箇所が共有部分の場合、管理規約に沿っていない場合は工事を勝手にするわけにはいきません。

一般的にリノベーションできる範囲は個人の玄関から中の部屋だけになります。

もちろん、管理規約の内容はそれぞれのマンションの住民によって変更されている場合もあるので

購入する前に確認してみると安心ですね!

また、費用についてもトラブルが絶えません。

見積費用を基に工事を始めても見えない場所の老朽化が進んでいて追加工事を言われたり不要な工事をされて追加費用を後で請求された事例もあります。

なので、リノベーションを依頼する場合は複数の施工業者に見積書を提出してもらうことがポイントになります。

単にデザインや流行の間取りのリノベーションをしても住んでから不便を感じることが結構多いです。

そのため、毎日の生活に障害が出る場合もあります。

家のは唯一安らげる空間なのでリノベーションする時は専門の建築業者に相談することも大事です。