家をリフォーム・リノベーションして賃貸住宅に変える小規模資産家が増加中

子供が小学校に入学と同時に購入したマンションも今年で15年程経過し、子供たちは独立して親元を離れ、今では夫婦二人の生活に。

以前から、どこかのどかな田舎で暮らしたいと願っていた夫の希望もあって退職を期に田舎に一戸建てを購入。

そのため、「思い切ってマンションを売却しよう!!」。なんていうご家庭が増えています。

でも、ちょっと待ってください!!

あなたはキャピタルゲイン派?それともインカムゲイン派?

不動産の方が最近では老後の生活資金を目的に、マンションを賃貸して家賃収入を考える人が増えてきているのです。

「家賃収入は長期的に安定した収入を得ることができるので、出来るなら、スグに手放すよりも残して人に貸した方がお得なんです!そうです、家賃収入でインカムゲインです。
売却すれば一時的には所得が増えますが、それは一時的なキャピタルゲインです。

余裕資金がない場合には、仕方がないケースもありますが、子供が独立し、以前ほどお金に困らないようになっているなら、即、換金するよりも、賃貸に回すことで、家賃収入が発生する資産に変えることが出来ます。

忙しい人ほど株式投資よりも不動産投資

最近では独身時代に投資目的でマンションを購入する20代、30代の男女が増えてきています。

ある程度の年収があるサラリーマンやOL,公務員ならローンを組むことができるため20代でも地域によっては充分にマンションなどの不動産を購入することも可能です。

特に仕事の忙しい人の方が株式投資などよりもマンション投資に人気があります。

例えば、マンションのオーナーになった場合は、月々に入ってくる家賃の管理を通帳で確認するだけなので時間を取ることがありません。ほとんどは不動産管理会社が対応してくれます。

30代から不動産所有

実際30代からマンション投資で収入を得ている人の多くが、年金や貯蓄が充てにできないため、若いうちから資産運用を考えていたらマンション投資を始めています。

最初はローンの手続きや売買契約書などの書類作成などで、すこし面倒なところがありましたが不動産会社の担当者が丁寧にサポートしてくれるので、思ったよりも簡単に手続きも完了。

購入したマンションも、すぐに賃貸の住居者も見つかり今では通帳を見るのが楽しみという資産家オーナーです。

退職金など、まとまったお金がない場合でも、毎月の収入が安定している会社員なら不動産投資もやりやすいのです、さすがに最初の1軒は大変かもしれませんが、数百万円の頭金さえ揃えられれば、株式投資よりも、安定した収入を得られます。

退職金で資産運用

また50代、60台では、退職金で資産運用を開始。株式投資よりも安定した収入が期待できるマンション投資をと始める方が増えています。

貯金と一部ローンでマンションを購入して家賃収入を老後の生活に充当なんて芸も、退職金というまとまったお金があるうちにしか中々できません!。

年金では夫婦二人で20万円から30万円といった方がほとんどです。いくら夫婦二人でも病院の通院や入院、年金だけでは生活できないため家賃収入だけが資産になったという方も多くいます。

退職した後、いつまでも働ける保証はありません!夫婦二人では勿体ないマンションをリノベーションして退職金で資産運用を考えてみる人生設計も大切かもしれません。